金沢市諸江町の竹多歯科医院ではなるべく歯周外科には頼らず、歯周内科の治療で好成績を収めています
投稿
  • HOME »
  • お役立ち情報

お役立ち情報

口腔の先天異常~口唇口蓋裂って知っている?~

赤ちゃんが生まれたときに唇や口蓋、歯茎に割れ目の残っていることがあります。

このような先天異常を口唇口蓋裂と言います。

今回はこの口唇口蓋裂についてお話しします。

あかちゃん

日本人に多い先天異常といわれています

口唇口蓋裂は日本では約500人~700人に1人の割合で発生すると言われています。

口唇口蓋裂は赤ちゃんがお母さんのお腹の中で成長する過程で、顔の癒合がうまくいかない場合、その部位に裂け目が残ってしまいます。

口唇口蓋裂の症状にはどのようなものがあるの?

口唇口蓋裂は顔に裂け目が残ってしまっているため、審美的な障害があります。また、おっぱいを飲む時の哺乳障害、食べるときの摂食障害などもみられます。息が抜けてしまうことなどでの発音障害などもみられます。

口唇口蓋裂の原因は?

口唇口蓋裂が起こる原因としては、妊娠初期にお腹の中の胎児に異常な力が加わったり、母体の栄養障害、ストレスなども原因と言われています。

また、妊婦によるアルコールやたばこの摂取などが原因とも言われています。

どのような治療を行うの?

治療は基本的には手術で割れ目の部分を縫い合わせます。手術の時期や回数は個人差があるので人によって変わってきます。

現在では手術を受けたことがほとんどわからないほど良い結果を得ることができます。

術後は言葉のトレーニングなども必要

手術を受けたからといって治療が完了というわけではありません。

発音障害のあるお子さんには言葉のトレーニングなどを行います。

また、手術の影響で上顎の成長が十分でなく受け口になってしまったり、歯並びが悪かったり、かみ合わせが悪くなることがあります。その場合は歯列矯正を行います。

治療はすべて健康保険の対象です

口唇口蓋裂の治療は上記にお話しした歯科矯正も含めて健康保険の対象です。

また、補助金制度のある自治体もあります。気になる方は調べてみると良いでしょう。

このように口唇口蓋裂は手術をしてしっかりとしたトレーニングなどを行えば治らない病気ではありません。

出生前診断などもできますので、気になる方はかかりつけ医に相談してみもよいでしょう。

イチゴを食べることで虫歯予防できるって本当?

春になり、桜も満開となり、イチゴがおいしい季節になりました。

イチゴ狩りに行った、これからイチゴ狩りに行く!という方も多いのではないでしょうか?

甘くておいしいイチゴですが、虫歯予防にも効果があるって知っていましたか?

今回はイチゴと虫歯予防についてお話します。

いちごを食べる女性

イチゴに多く含まれるキシリトール

皆さんの中には、イチゴは甘いのにどうして虫歯予防になるの?と、疑問を抱いている方も多くいるのではないでしょうか?

実はイチゴ100g中にはキシリトールが350㎎も含まれています。

キシリトールってなに?

キシリトールとは、糖アルコールの中で最も甘く、砂糖と同等の甘味度をもっています。皆さんの中にもキシリトールガムなどを食べたことがある人も多いと思います。

キシリトールのガムを食べるとスーッと冷たい感覚になりますよね?

キシリトールは溶けるときに熱を奪う性質があるのでキシリトールを食べるとそのような感覚になります。

キシリトールはなぜ虫歯にならないの?

キシリトールなどの糖アルコールとよばれるものは、普通の砂糖などと違い虫歯の原因にはなりません。なぜかというと、砂糖などを食べたときには、歯を溶かす酸が作られます。この酸によって歯が溶かされ、最終的に虫歯になります。

しかし、キシリトールはこの虫歯の原因となる酸を作らないため虫歯になりません。

キシリトールには他にも様々な働きがある

キシリトールには磨き残しなどの歯垢(プラーク)の中のミュータンス菌(むし歯菌)を減少させる働きがあります。また、甘味により唾液の分泌を促進し、唾液の働きにより虫歯になりにくい口腔環境を作ります。

キシリトールはイチゴ以外の食べ物にも含まれます

キシリトールが多く含まれている果物はイチゴの他にプラムやラズベリーなどがあります。

また、果物だけでなく野菜にもキシリトールは含まれます。例えば、レタスやほうれん草、ナスなどに多く含まれます。

キシリトールを積極的に摂取して虫歯予防をしましょう

このように、イチゴ以外にも様々な食べ物にキシリトールが含まれています。

また、最近ではキシリトールのガムだけでなく、飴やラムネなど様々なものが販売されていますので、ぜひキシリトールを食べて虫歯予防をしましょう。

夜中に起こるムセや咳き込み~唾液誤嚥って知っている?~

皆さんが就寝している時にいきなりムセたり、咳き込んだりした経験がある人はいますか?

もしかしたら唾液誤嚥を起こしている可能性があります。

今回は唾液誤嚥について詳しくお話しします。

睡眠

唾液誤嚥とはどのような症状?

唾液は抗菌作用や、粘膜保護の作用、自浄作用などさまざまな作用があり、一日に1~1.5リットル分泌されると言われています。

この唾液が寝ている時に誤嚥してしまうことを唾液誤嚥といいます。

※寝ている時以外にも唾液を誤嚥することはあります

唾液誤嚥はどのようにして起こるの?

皆さんが寝ている時、仰向けで寝ている人は多いのではないでしょうか。

仰向けで寝ていると口腔内に唾液が貯まっていき、無意識に嚥下反射を起こし唾液を飲み込んでいます。飲み込んだ唾液が食道ではなく、気管に流れ込むことでムセや咳き込みを起こします。寝ている時は無意識のことが多いので唾液が気管に入り込んでもムセなどは起こらず、誤嚥してしまうことがあり、唾液誤嚥が起こります。

寝ている時はどのようにしたら誤嚥しにくいの?

寝ている時は仰向けではなく、横向きで寝ると咽頭側壁という気管より下の広い空間に唾液を20ccほど溜めることができるようです。

嚥下反射が起こることで唾液は食道に飲み込まれていきます。横向きでも後ろに倒れる体制になると誤嚥の危険性があります。

横を向いた姿勢で寝ていても、だんだん後方に体制が倒れてきてしまっては、誤嚥のリスクが高まります。

唾液誤嚥を予防するためにもしっかりと横になった姿勢を維持することが大切です。

嚥下反射が起こりにくい人や唾液の量が多い人もいるかと思います。

そのような方は、唾液が口から出るように口元を下にしてタオルをあてて唾液を吸わせるようにしてみてください。

横向きの体制で寝るための工夫を!

寝る前は横向きで寝ていたとしても起きたときには仰向けになっていたり、違う体制になっていたりするものですよね。

横向きの体制を維持するためには、背中が後ろに倒れないようにするためにクッションや布団を丸めたものを置いてみるなどの工夫をしてみるとよいかと思います。

ムセや咳き込みの頻度が多い人は一度相談してみましょう

寝ている時に頻繁に唾液誤嚥を起こしていてムセや咳き込みなどがある場合は一度専門医に相談してみましょう。

また、横向きで寝るということを試してみましょう。

誤嚥は誤嚥性肺炎につながることがあります。しっかり予防していきましょう。

骨粗鬆症と口腔内の関係~歯周病とも関連があるって知っていた?~

多くの人が骨粗鬆症という病気を一度は耳にしたことがあるとおもいます。

骨粗鬆症は、歯にも影響を及ぼすということをご存知でしたでしょうか。

今回は骨粗鬆症と口腔内の関係についてお話しします。

骨粗鬆症

骨粗鬆症ってどんな病気?

骨粗鬆症とは、骨の強度が低下することで、骨がもろくなり骨折しやすくなる病気のことです。よく、“骨粗鬆症って骨の中身がスカスカになることと“いうことを聞きますよね。

骨粗鬆症になることで、ちょっとした刺激(例えばくしゃみや、肘をついただけ)で骨折してしまうことがあります。

骨粗鬆症は女性に多い病気

骨粗鬆症のうちの約90%が女性と言われています。

その中でも、閉経により、卵巣の機能が低下し、骨の代謝にかかわるホルモンのエステロゲンの分泌が低下することにより発症する人がいます。

これを、閉経後骨粗鬆症といいます。

エステロゲンが欠乏することで口腔内に影響が閉経後骨粗鬆症の患者さんはエステロゲンの分泌が少なくなります。

エステロゲンの分泌が低下することで、全身の骨がもろくなり、歯を支えている歯槽骨ももろくなります。そのため歯周ポケットなどもでき、歯周病になるリスクがあがります。

また、歯周病になっている患者さんは歯周病の進行が加速する可能性があります。

インプラントと骨粗鬆症の関係

インプラントは皆さんがご存知の通り歯槽骨(歯を支えている骨)を土台にインプラントを打ち込みます。

その歯槽骨が骨粗鬆症で骨がスカスカになってしまっていては打つことが難しくなります。

また、インプラントを打っても定着するのにうまく定着しなかったり、時間がかかるということもあります。

骨粗鬆症の薬と歯科治療の関係

骨粗鬆症の薬でビスフォスフォネート製剤という骨吸収をおさえるのに有効な薬があります。

しかし、このビスフォスフォネート製剤は骨が溶けるのを防いでくれる反面、骨の治癒を妨げてしまうという作用があります。

そのため、インプラントや抜歯などの外科処置は避けたほうが良いと言われています。

これらの歯科治療の外科処置で顎骨壊死という副作用がでているということも報告されています。

現在では歯科医院でも簡易検査を行えるところもあります

骨粗鬆症と歯周病は関連して重症化することがあるので、最近では、歯科医院でも骨粗鬆症の簡易検査が行える歯科医院も増えてきています。

歯科の定期検診を行うことで骨粗鬆症の早期発見早期治療につなげていきます。

かかりつけ医で骨粗鬆症の検査を行っているかなどを聞いてみてもよいかもしれませんね。

お肌をケアするのと同じように歯茎ケアを行いましょう

特に女性の方はお肌のケアは欠かせず行っているという方が多いと思います。

お肌だけでなく、お口の中の歯茎もケアすることが大事って知っていましたか?

今回は歯茎ケアについて詳しくお話しします。

歯茎のメインテナンス

歯茎のマッサージで歯茎の細胞を元気に!!

大人になるにつれて増えてくるのが歯周病ですが、歯周病菌は様々な毒素を産生し、歯茎の細胞に作用します。歯周病菌に負けない歯茎を作るためにも歯茎の血行を促進させ歯茎を元気にしてあげることが大切で。

では、歯茎の血行を促進させるには何を行えばよいのでしょうか。

歯茎の血行を促進させるには歯茎のマッサージを行います。肩が凝っている時などマッサージをすることで血行が良くなり肩が軽くなったという方もいるのではないでしょうか。

歯茎も肩と同じでマッサージを行うことで血行が促進され、酸素や栄養が行き届くようになります。また、老廃物が歯茎にたまっている場合もあるのでマッサージして老廃物を洗い流すことも期待できます。

ブラッシング時の歯茎ケア

歯ブラシはやわらかめのものを使用する良いでしょう。硬い歯ブラシでブラッシングを力強く行うと、歯面もそうですが、歯茎も傷がついてしまう可能性があります。

磨くときも、力を入れてごしごし磨くのではなく、優しく丁寧にブラッシングをするように心がけましょう。

また、歯間ブラシやフロスなどの補助用具を使用するのも良いでしょう。

補助用具は細かいところの汚れを除去するだけでなく、歯茎にも刺激を与えて歯茎ケアにつながります。

歯茎のケアを行わないとどうなる?

歯茎のケアを行わないことで歯と歯茎の間の歯周ポケットが深くなり、歯周病が進行する可能性があります。

歯周病が進行していくと歯茎がだんだん下がってきたり、歯を支えている骨が溶かされたりして最終的に歯が抜け落ちてしまいます。

歯茎や口腔内に良いのみものって?

歯茎ケアをする上で歯茎に良い飲み物があるって知っていましたか?

それは緑茶です。緑茶は体に良いとよく聞きますが、緑茶は口腔内にも良い影響を与えます。

緑茶にはカテキンが多く含まれており、ウイルスや細菌を抑制する作用があります。そのため、虫歯菌や歯周病菌の増殖を抑えてくれると言われています。

お肌をいたわるのと同じように歯茎ケアも行いましょう

お肌であれば毎日洗顔をして化粧水や乳液などを使いお肌のケアを行いますが、歯茎にも同じように毎日鏡で歯茎の状態や色を見て、歯茎ケアを習慣化していくことが大切です。

不規則な食生活を続けると歯にも影響がある?

皆さんの中には、間食が多かったり、食べるときにだらだらと時間をかけて食べてしまったりと、不規則な食生活を送っている人もいるのではないでしょうか。

このような不規則な食生活はお口の中にどのような影響を与えるのでしょうか?

朝食を食べるシニア夫婦

だらだら食べることで虫歯のリスクが上がる

テレビなどをみながら食事をしている人は、だらだらと食事をして、食事の時間が長くなってしまっていることがあるのではないでしょうか。

このように、だらだら食べることでお口の中は虫歯になりやすい口腔環境になっています。

口腔内で起こる脱灰と再石灰化

食事をすることで食べ物に含まれている糖質により虫歯菌が歯の表面を溶かし始めます。これを脱灰といいます。脱灰したままでは虫歯になってしまいますが、それを防ぐのが唾液の作用です。唾液の作用により溶けた表面を修復していきます。これを再石灰化といいます。

このように、お口の中では脱灰と再石灰化が繰り返されています。

だらだら食べや間食は要注意!

だらだらと長時間食事をしていたり、間食が多かったりすると、脱灰ばかりが進み、再石灰化の作用が追い付かなくなります。

脱灰が進むことで虫歯になりやすい口腔環境となります。

ではいったいどうしたらよいのでしょうか

食事をした後や、間食をした後はできるだけ歯磨きをして、糖質や虫歯菌を口腔内から洗い流しましょう。もしも、歯磨きの時間が取れない場合はうがいだけでも行うとよいでしょう。

間食などはキシリトール入りのものを食べましょう

間食などをするときも、あめやドーナツなど甘いものを選ぶのではなく、キシリトールやリカルデントなどを摂取するようにしましょう。

最近では、キシリトール入りのガムなども多く販売されていますので、おやつ代わりにしてみてはいかがでしょうか。

キシリトールやリカルデントには再石灰化を強化する作用があります。

不規則な食生活を送っている場合は改善を!

だらだら食べや間食などの不規則な食生活は虫歯のリスクをあげるだけでなく、ダイエットを行っている人にも大敵です。

自分の食生活を振り返ってみて不規則だなと感じた方は是非改善するように心がけましょう。

顎関節症の影響~全身に影響が及ぶ可能性~

顎関節症という病気を聞いたことがある人は多くいるのではないでしょうか?

顎関節症はここ何年かで特に20~30代の女性に急増していると言われています。

今回は顎関節症が全身に及ぼす影響などを詳しくお話ししていきたいと思います。

女性の口元

顎関節症ってどのような症状なの?

顎関節症の主な症状は、お口を開けると“パキッ”“カクン”と音が鳴る。

口を大きく開けようとすると痛みがある。口を開けると顎が外れるなどがあります。

みなさんが顎関節症と聞いて連想するのはこのようなことなのではないでしょうか?

その他にもいろいろな症状があります

上記の症状以外にも、物を咬むと顎やこめかみのあたりに痛みがある。かみ合わせが悪くなるなどの症状があります。

これらの症状が気になる場合は顎関節症を疑ってみてもよいかもしれません。

顎関節症になる原因にはどのようなものがあるの?

ではどうして顎関節症になるのでしょうか。

顎関節症になる原因はかみ合わせの異常、普段の癖、顎を強くぶつけるなどのケガ、生活していく上でのストレスなどがあります。

普段の癖というのは、無意識に頬杖をついていたり、ご飯を食べるときに片方だけでしか咀嚼していないなどの癖があります。

また、やわらかいものばかり食べているというのも原因になることがあります。

顎関節症が全身に与える影響は?

顎関節症になることで、顎を支える筋肉のバランスが崩れ、肩こりや腰痛、頭痛、首の痛み、コリ、めまいなど、全身に様々な影響を与えます。

また、顎関節症が悪化するとお口が開かなくなり、食事ができなくなったり、話ができなくなることもあります。

顎関節症はどのように診断されるの?

顎関節症の診断は、

・顎に痛みがある
・口が開かない
・お口を開けると音が鳴る

という症状が1つ以上ある、または似た症状がある、その他顎関節症以外の病気(慢性関節リウマチや唾液腺の病気など)がないときに顎関節症と診断されます。

顎関節症の治療法はどのようなものがあるの?

顎関節症の治療は、患者さんの不快な症状をとりのぞいたり、顎関節症になる原因を解決したりして症状を改善していきます。

痛みが強い場合は、薬によって痛みを取り除きます。

また、マウスピースなどを装着して歯ぎしりや食いしばりによるダメージを軽減します。

顎を動かす練習をして、関節円板の位置を正しい位置にもどします。

症状がきになる場合は歯科医院へ相談してみましょう

顎関節症かなと思ったら、自己判断せずに歯科医院や顎関節外来へ相談してみましょう。

放っておくと日常生活に支障をきたすほど症状が悪化する場合がありますのでご注意ください。

歯並びの影響は見た目だけじゃない?!歯列不正について詳しく知ろう!

“歯並びが悪い”といえば、でこぼこしていて外見がきになるという方が多くいるのではないでしょうか?実は歯並びは見た目だけでなく、身体にも様々な影響を与えます。

子供

歯並びが悪いと虫歯や歯周病になりやすい

歯並びが悪いことで、歯磨きのときに磨き残しがあることで、プラークが落としにくく、その結果虫歯や歯周病になるリスクがあがります。

そのため、歯磨きのときには歯並びの悪い部分は特にしっかり歯ブラシが当たっているか確認してブラッシングを行う必要があります。

口腔内が乾燥することで虫歯や歯周病になることもあります

かみ合わせの悪い人の中には前歯が出ていることで唇を閉じることが大変で口呼吸となってしまうことがあります。

口呼吸となることで口腔内が乾燥しやすくなり虫歯や歯周病の進行を防いでくれる唾液がでにくくなり、虫歯や歯周病になることがあります。

肩こりや首などに痛みが出ることがある

歯並びが悪いことで顎の筋肉のバランスが崩れて頭痛や首・肩の痛みなどにつながることがあります。

また、身体の骨格が歪んでしまうこともあります。

食べ物をしっかり噛めなくなる

歯並びが悪いことで食べ物を噛む効率が悪くなったり、しっかり噛めなくなります。そのため、消化不良で胃腸の調子が悪くなることもあります。

歯列不正は心とも関係がある

歯並びが悪いことで、周りの人からの視線が気になり、しゃべったり笑ったりするときに口を手で無意識に隠してしまったりする方もいます。

歯列不正には様々な種類があります

主な歯列不正には叢生・上顎前突・下顎前突・開口などの種類があります。

歯が重なり合って生える歯並び

顎が小さいために歯の生えるスペースが十分に確保されず、歯が重なり合って生えている状態。歯が重なっているためにブラッシングが難しいことがあります。

治療としては、顎を大きくしたり、歯を抜いたりして矯正を行います。

よく聞く出っ歯と受け口も歯列不正です

上あごが下あごよりも前に出ている状態の上顎前突(出っ歯)。

下あごが上あごよりも前に出ている状態は下顎前突(受け口)といいます。

どちらも、矯正を行ったり、外科処置をすることで治療できます。

奥歯だけで噛んでいる開口

奥歯だけでかみ合っていて前歯がかみ合わず開いてしまっている状態を開口といいます。

開口も重度の場合は矯正や外科処置で治療できます。

身体に影響が出る前に相談を!!

このように歯列不正で身体のいろいろなところに影響がでます。

もし気になることがあれば、かかりつけの歯医者さんや、矯正専門医へ相談してみましょう。

かみ合わせの不良により身体にも影響があるって知ってた?

みなさん何気なくものを噛んだりおしゃべりをしたりしていると思いますが、自分のかみ合わせが正しいのか考えたことがある人はいますか?

今回はかみ合わせが悪いことで身体に与える影響について詳しくお話しします。

歯の模型と歯ブラシ

正しいかみ合わせってどのようなものなの?

まず、正しいかみ合わせについて説明します。正常なかみ合わせは、上の歯1本に対して下の歯が2本かみ合っているのが正常です。前歯を見ていただければわかるように上の歯より下の歯のほうが小さいですよね。

歯がきれいにかみ合っていなかったとしても、日常生活に支障がなければ気にする必要はありません。

かみ合わせの不良によって起こる症状

ではかみ合わせが悪いことによってどのような症状がでるのでしょうか。

かみ合わせが悪いと顎を吊っている筋肉に無理な力がかかります。そのためバランスが崩れて、顎だけでなく頭蓋骨にもゆがみが生じ、首や肩、腰にも影響がでることがあります。

全身のバランスが崩れることで肩こりなどが起こることもあります。また、頭痛やめまいなどを引き起こす場合もあります。

虫歯や歯周病になりやすくなる

かみ合わせが悪いことで食後に食べかすやプラークなどの磨き残しが増えることで、虫歯や歯周病になるリスクが上がります。

そのため、磨き残しが多い部位があるなと感じたら、補助用具を使って清掃したり、鏡を見てしっかりブラシが当たっているかなどを確認しながらブラッシングを行うとよいでしょう。

無意識のうちに歯ぎしり・食いしばりをしていることも

歯がきれいにかみ合っていないと、物を噛むときに力を入れて噛んでしまったり、無意識のうちに歯ぎしり・食いしばりをしていることもあります。

食いしばりや歯ぎしりは、歯がすり減ったり、歯が折れてしまうこともあるので気を付けましょう。

その他にもいろいろな影響があります

しっかり噛めないことで食事をするときに食べ物をしっかり噛めないまま飲み込むこととなり、胃や腸などに負担をかけてしまうことがあります。

また、肉体的な影響だけでなく、精神面でも影響を与えるといわれています。

このようにかみ合わせの不調で身体全身に影響があります

気になる症状がある人は歯科医院へ相談してみましょう。また、かむ時にかみ合わせのことを意識して噛むようにしてみましょう。

もしかしたら、かみ合わせが原因で今回お話したような症状がでている場合があります。

子供のお口を鍛えよう!~子供のためのお口のトレーニング~

お子さんが赤ちゃんの時は母乳を飲んだりすることで“吸う力”を身に着けます。

また、だんだん歯が生えてきて離乳食になることで”噛む力”や”口を上手に動かす”ことができてきます。口を上手に動かすことで“おしゃべりの力”や“食べる力”につながります。

子供とイチゴ狩り

お子さんを観察してみて気が付いたことがある人はいませんか?

食事をしている時に子供を観察していると、麺類などをうまくすすれていなかったりすることはないでしょうか?また、日常生活を送るなかで、お口がぽかんと開いたぽかん口になっていたり、お話をしている時にうまく発音できていなかったりということはないでしょうか?

お口がぽかんと開いたぽかん口

お口がしっかりしまっていないとぽかん口になります。ぽかん口になっていると口呼吸になり、ダニやほこりなどを口から肺へ送ってしまい健康のリスクが心配になりますよね。

ぽかん口は舌の筋力が低下しているともいわれています。

舌は正しい位置にありますか?

舌の正しい位置は、舌が上あごにぴたりとくっつき、舌の先端が前歯の裏側の根元に触れている位置です。普段舌の正しい位置を気にしたことがない方が多くいると思いますが、実際考えてみるとこの位置にあるのではないでしょうか。しかし舌の筋肉が弱いと下あごの中にダランとなってしまいます。こうなると舌が歯を押して歯並びが悪くなったり、前歯が開いたままの状態になりぽかん口へとつながります。

お口を鍛えるトレーニングにはどのようなものがあるの?

お口を鍛えるトレーニングには様々あります。簡単にできるものが多いので説明していきます。

シャボン玉を使って息を吐く練習をします。

息をふーっと吹くことでお口の周りの筋肉にも良いですし、息を出すことは声を出すということにもつながります。また、小さいお子さんなどはシャボン玉などを使うと楽しくトレーニングできるでしょう。ストローを使い水の中でぶくぶくするのも良いかと思います。

飴を噛まないように舐める

舌の運動を行うために飴を使ってみるのも良いかと思います。舌がよく動かないと飴はなめられませんよね?舌を動かすことが苦手な子供ほど飴をすぐに噛んでしまうことがあります。舌を使って前後左右によく飴を舐めることで舌の運動にもなりますし、お口の筋肉の運動にもなります。

食べる力を鍛えるために発達に合わせた食事を

離乳食が始まったばかりなのに硬めの食事ではお子さんもうまく食べることができませんよね。また、成長したお子さんにやわらかいものばかり与えていては、顎の成長に影響がでます。

お子さんの成長段階にも個人差がありますので、お子さんにあった食べ物の形態で離乳食や食事を作ってあげてください。

« 1 2 3 23 »
PAGETOP