金沢市諸江町の竹多歯科医院ではなるべく歯周外科には頼らず、歯周内科の治療で好成績を収めています
投稿
  • HOME »
  • お役立ち情報

お役立ち情報

しっかり噛んで歯や顎を丈夫に~歯育てについて~

昔から食事のときなどには、お母さんから“よく噛んで食べなさい”と言われていましたよね。よく噛むことでお口や体にはどのような影響があるのでしょうか。

今回は噛むことで歯育てをするということについてお話しします。

和食

しっかり噛むことで歯が育つ

赤ちゃんでも、歯が生えはじめると自然と噛むという行為を行うようになります。

噛む力は、歯だけではなく、顎や頬、舌や唇などのお口の周りの筋肉などと連動して発揮されます。そのためしっかり噛むことで歯も丈夫に育ってきます。

噛むことで顎の骨も育つ

小さいころからしっかりと噛んで食事をしている人と、あまり噛まずに飲み込んでしまっている人を比べると、しっかりと噛んでいる人の顎が大きくしっかりと育つと言われています。

しっかりと噛んでいないと顎が小さくなってしまい歯並びが悪くなったりすることもあります。

また、顎が小さいと親知らずが斜めに生えてきたり、生えてこなかったりということもあります。

よく噛むことで唾液の分泌が促進される

唾液には、お口の中をきれいにする自浄作用の他に、再石灰化を促進させ虫歯の予防をしてくれたり、抗菌作用や食べ物の消化を助ける消化作用など様々な機能があります。

ガムなどを噛んでいると唾液が出てきているのに気づいた人もいるのではないでしょうか。

歯と骨をしっかり結び付けてくれる

よく噛むことで、歯根膜が丈夫となり、歯と骨をしっかりと結び付けてくれます。

歯根膜とは簡単に説明すると歯と歯を支えている歯槽骨をつなぎとめている組織のことです。噛むことで歯根膜に力がかかり、歯槽骨と歯根膜を結び付けてくれると言われています。

どのくらい噛めばいいの?

食事のときは、一口で30回は噛むようにしましょう。

片方の側だけで噛むのではなく、左で10回、右で10回、両方で10回など回数を決めて噛んでみましょう。

慣れるまではなかなか顎が疲れてきてしまい大変かもしれませんが、毎日行うことで自然に30回噛めるようになります。

お子さんの場合は楽しく数えながら

小さいお子さんの場合は、噛んでいる回数を横で数を数えてあげたり、噛んでいる時に噛んでいるリズムに合わせて手を叩いてあげたりして楽しみながら行うと良いかと思います。

ダイエットにもつながります

よく噛むことで、満腹中枢が刺激され、いつもの食事より8分目でお腹がいっぱいになったりもします。そのためダイエットをしている人には良いかと思います。

また、よく噛むことで消化もされやすくなりますので、健康な体作りにつながります。

このようによく噛むことは歯に良いだけでなく顎や健康にも良いことがわかりましたよね。ぜひ、まだ実践していない人は、今日から食事を一口30回噛むことから始めてみましょう。

審美的にも良い?~インプラントについて~

テレビのCMや、歯科医院の看板などでインプラントという文字を目にすることは多いですよね。
お笑い芸人が歯をインプラントにしたという話もご存知の方もいるかと思います。
今回はインプラントのメリットデメリットについてお話しします。

インプラント

インプラントって何?

インプラントとは、虫歯や歯周病などなんらかのことが原因で失ってしまった歯を補うために、人口の歯根を埋入することです。
顎の骨の中にインプラント体というチタンなどでできたものを埋め込み、頭の部分(歯の部分)はレジンやハイブリット、セラミックなどで作られます。

天然の歯のように見た目が良い

見た目は、天然の歯のように見えるので、審美的にも良いかと思います。
また、直接顎の骨に埋め込んでいるため、入れ歯やブリッジよりもしっかりと噛めて食事のときのストレスも感じません。

インプラントで使用されているチタン合金などは体に害がなく、体に優しい素材です。
しかしチタンアレルギーなどがある場合はインプラントを行うことができない可能性がありますので、以前にアレルギーを起こしたことがある方や心配な方は一度調べてからインプラント治療をするのが良いでしょう。

ブリッジと違いほかの歯の負担がない

ブリッジや入れ歯の場合支えとなる歯に負担がかかり、ほかの歯にダメージをあたえてしまうことが多いです。
しかし、インプラントは単体ですので他の歯に負担はかかりません。
また、隣接する歯を削ったりすることもありません。

保険が適用されない

インプラントは保険が適用されず、自費の治療となってしまいます。
また、インプラントを埋入するにあたって、手術をしなければなりません。

インプラントが適用できない場合もある

インプラントを埋入する顎の骨が歯周病でなくなっていたり、全身の健康状況によっては、インプラントが適用とならないことがあります。糖尿病の方は注意が必要です。

しっかりと噛める歯を!

歯を失ってしまうと思うように噛めなかったり、うまく発音できなかったり様々な支障が出てきます。
ブリッジや入れ歯などの保険で治療できるものもありますが、インプラントも考えてみてはいかがでしょうか?

子供が虫歯になってしまった!!~子供の虫歯治療って?~

大人が虫歯になると、小さいものなら虫歯の部分を削って、白い詰め物などをしたりします。また、大きいものになると神経の治療をしたり、かぶせ物をしたりします。
では、子供の虫歯はどのように治療するのでしょうか。

歯の模型

初期の虫歯は治療をしない

歯磨きをしっかりと行っていても、小さい虫歯ができてしまうことがあります。
このような初期段階の虫歯の場合は、歯を削ったりせず、フッ素を塗り様子をみることがほとんどです。
しかし、子どもが自分で歯を磨いた後は良く見て上げ、場合によっては親御さんが仕上げ磨きをしてあげてくださいね。

歯の表面のエナメル質に虫歯がある場合

歯の外側はエナメル質という物質でできています。このエナメル質に虫歯ができている段階をC1と言います。この程度の虫歯の場合は、虫歯の部分を少しだけ削り、白い詰め物を詰めて様子を見ます。これは大人も一緒ですね。

象牙質まで進んでしまった虫歯の治療

C1の虫歯をそのままにしていると、だんだん虫歯が進んできて、象牙質までの虫歯になってきます。この状態になると、冷たいものや甘いものがしみるなどの症状が出てきます。
この程度の虫歯の場合、虫歯を削って白い詰め物をしたり、歯の型をとって詰め物を入れるなどの治療をします。

神経まで虫歯が到達してしまった場合

虫歯がだんだん進行して歯の神経まで到達してしまうと、強い痛みがでることがあります。
大人がここまでの虫歯になった場合は、神経を抜く治療をします。
しかし、子供の場合は、神経を保護する組織を作る再生能力が強いため、上の部分の神経だけ取って治療をしたりすることがあります。これは、虫歯の状況によって変わってきます。

歯の根っこだけ残ってしまった場合

虫歯をそのまま放置してしまうと、歯の頭の部分が虫歯になってしまい、根っこだけ残る状態になることがあります。
この場合は、抜歯をすることがほとんどです。
永久歯の場合は新しい歯が生えてくることはないですが、乳歯の場合は下から永久歯が生えてきますので安心してください。

まずは歯科医院に慣れてもらうことが大事

歯医者=痛い・怖いというイメージがある方もいると思います。子供のころ歯医者さんで無理やり治療をされたり、怖い思いをしたのかもしれません。お子さんが歯医者さんに怖いイメージがつかないためにも、定期検診に歯医者さんにお口を見てもらい、治療をするにも少しずつ進めていくことができる歯医者さんを選択すると良いでしょう。

歯磨きの磨き方はいろいろある?~歯磨きの方法について~

歯磨きをするときに皆さんはどのように磨いていますか?

歯によって磨き方が違うことをご存知でしたでしょうか?

今回はそれぞれの歯の種類ごとに、磨き方について詳しくお話しします。

歯を磨いている女性

歯の表面は一本ずつ丁寧に磨きましょう

歯の表面部分は、しっかりと歯ブラシの毛先を歯面にあてて、細かく一本ずつ磨くとよいでしょう。

歯と歯の間の部分にもしっかりと毛先を入れ込み磨きましょう。

奥歯などのかみ合う面の溝の部分の磨き方

奥歯のかみ合う面の溝の部分には小さな溝がたくさんあり、磨き残しが残りやすい部分となります。

また、そのせいで虫歯ができやすい部分でもあります。

かみ合う面の磨き方は、しっかりと溝の部分に歯ブラシを当てて、細かく小刻みに動かしながら丁寧に磨きましょう。

歯と歯茎の境目の部分

歯と歯茎の境目の部分に汚れが残ってしまう方は多くいます。これは、歯の表面を磨いていくうちに、磨けていると思ってしまい磨き残しが残ってしまうというわけです。

特にこの部分は磨き残しが残りやすいので、出血があったりして歯茎が腫れて歯肉炎になる方も多いのではないでしょうか?

境目の部分は歯ブラシを歯に対して45°の角度で当てて磨くときれいに磨けます。

前歯の内側の部分は掻き出すように!

特に舌の前歯の裏側は、歯石が付着しやすい部分でもあります。

しかし、歯ブラシを横に入れようとしてもうまく入りませんよね。

そのため、歯に対して歯ブラシを斜めに入れて、小さく動かしながら、掻き出すように磨くと汚れは落ちていきます。

奥歯の内側も斜めに歯ブラシを入れることで上手に磨けます。

奥歯の後ろの部分は歯ブラシの先を使って磨く!

奥歯の裏側はなかなか歯ブラシが入りにくいので、磨き残しが残りやすい部位です。

そのため、歯ブラシの先端の部分を当てて丁寧に磨くようにしましょう。また、ヘッドの小さい歯ブラシや、タフトブラシを併用するのも良いかと思います。

補助用具を併用しましょう

歯と歯の間の隙間が大きい場合は歯間ブラシを、狭い場合はフロスや糸ようじなどを併用すると歯と歯の間の汚れがキレイに除去できます。

使い始めたばかりのときは、慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、慣れてくるとお口の中がすっきりとする感覚になるかと思います。

歯だけではなく歯茎もマッサージを

歯をきれいにするのはもちろんですが、歯だけではなく、歯茎の部分も歯ブラシで丸を書くような感じでマッサージしてみましょう。指を使ってマッサージすることで血行がよくなりますのでやってみてくださいね。

歯茎が黒い?これって病気なの?

鏡をふと見たときに歯茎が黒い!!これって病気?とびっくりしたことがある人もいるかと思います。

歯茎が黒くなる理由には様々なものがあります。

歯茎が黒くなる理由について

歯の模型を持つ女性

ブラックマージンで歯茎が黒く見える

金属の裏打ちのあるかぶせ物を入れている歯の部分の歯茎が下がることで金属の部分が見えてしまい歯茎が黒く見えることがあります。

これをブラックマージンといいます。

これは歯茎自体が黒くなったわけではないので、かぶせ物のやりなおしや、金属部分を白いプラスチックで埋めることで改善します。

タバコを吸う人は要注意!

タバコを吸うことで歯茎が黒くなることがあります。タバコに含まれている成分にニコチンやタールがあります。その成分から歯茎をまもるために、メラニン色素が作られます。

メラニン色素が歯茎に沈着することで歯茎が黒くなってしまうというわけです。

かぶせ物をしていて歯茎が黒くなることも

かぶせ物や詰め物に金属の成分が入っていると、長い年月をかけて金属成分が錆びて歯茎に溶けだし、歯茎が黒くなることがあります。

これをメタルタトゥー(金属の刺青)といいます。

歯の根っこに歯石がついている

歯茎の上に付着した歯石は白や黄色っぽい色をしていますが、歯茎の下の歯の根の部分(歯肉縁下)についた歯石は黒くなります。

歯石の場合は歯科医院で除去することができます。歯ブラシでは除去できません。

進行した歯周病

初期の歯周病は、歯茎の出血や腫れなどの症状が出ますが、歯周病が進行すると歯茎が黒ずんでくることがあります。

なにか歯周病の症状に心当たりのあることがあれば、歯科医院に相談しましょう。

歯茎の黒ずみを治療するには?

歯茎の黒ずみを治療するにはレーザー治療やガムピーリングなどがあります。

これはすべての歯医者でできるわけではないので、行う場合はまず施術を行っているか確かめ、相談して適応なのかをみてもらいましょう。

健康な歯茎を保つために

健康な歯茎はきれいなピンク色をしています。

健康な歯茎をたもつためにも、喫煙者の方は禁煙から始めてみましょう。

歯のかぶせ物には種類がある?~自分に合った歯を!~

歯の治療をする上で、虫歯が大きかったり、神経の治療をしたりすると歯にかぶせ物をしなければいけないこともあります。

かぶせ物と言ってもいろいろな種類があるのをご存知でしょうか。

今回はかぶせ物について詳しくお話しします。

歯の模型

歯のかぶせ物には様々な材料がある

保険で適用できるものには、表面がプラスチックで裏打ちは金属のもの、全体が金属のもの(銀歯)などがあります。最近では歯の部位にもよりますが、プラスチックとセラミックのハイブリットのものも入れられるようになりました。

自費のものでは、全体が白いセラミックでできたもの、セラミックと金属でできたもの、陶材や金でできたものなどがあります。

見た目の違いが出る

笑った時に前歯のかぶせ物が銀歯だとすごく目立ちますよね。

また、大きく口を開けて笑うと奥歯でも目立ちます。そのため、審美性を重視するのであれば、できるだけ白いものをお勧めします。

特に前歯は、自費のセラミックのものにすると、天然歯のように仕上がるのでとても自然にみえます。

体への影響はないの?

歯のかぶせ物は四六時中お口の中に入れておくものなので、体への影響がないか心配ですよね。

たしかに、銀歯などのかぶせ物は、金属の部分がイオン化して溶け出すことがあり、金属アレルギーが起こる場合があります。

しかし、今お口の中に金属が入っていて症状などがでていなければ問題ないでしょう。

セラミックやプラスチックとのハイブリッドのものは、金属を使用していないので金属アレルギーの心配はなくなります。

汚れやプラークが付きやすい

銀歯などのかぶせ物は入れたばかりのときはピカピカ・ツルツルですが、日々使っていくことで微細な傷がつきプラークなどの汚れが付きやすくなります。セラミックなどの自費のものはプラークなどが付きにくいと言われています。

耐久性に違いはあるの?

セラミックなどは硬く丈夫なため欠けたりすることはほとんどなく、着色もしにくいと言われています。

しかし、プラスチックなどのものは負担がかかる奥歯などはかけやすくなっています。

銀歯は力がかかる奥歯などに適していますが、奥歯は磨き残しが残りやすい部分なので、そこから虫歯になったりすることがあります。

かぶせ物を入れたら今よりも口腔内を清潔に

治療をして良いかぶせ物をいれても、その後のケアが不十分だとかぶせ物のわきから虫歯になったり、歯周病で歯自体がだめになってしまうことがあります。そのため、定期的に歯科医院でみてもらい、しっかりとブラッシングするようにしましょう。

歯で顔の印象がかわる?~きれいな歯で明るい笑顔を~

コロナの影響でマスクが手放せなくなり、あまり口元を気にする人は少なくなったのではないでしょうか。

しかし、マスクを外した時白くてきれいな歯だと清潔感もあり印象も良くなります。

今回はきれいな歯をテーマにお話ししていきます。

マスクの女性

自分では歯をみる機会が少ない

ご自身の歯を見るときってどんなときですか?

鏡を見るときくらいで、意外と歯をみる機会って少ないですよね。しかし、他人は見ていないようで意外と口元を見ている人が多いです。

その時に、汚れた歯が口元から見えたら良い印象にはならないですよね。それくらい歯は重要な役目を持っています。

キレイな歯と汚れた歯の印象の違い

白くてきれいな人の印象は、さわやかで、健康的、清潔感があります。

しかし、歯が汚れている人や黄ばんでいる人の印象は、不健康に見える、不潔そう、口臭がしてきそうなどとマイナスな印象となります。

歯をきれいにするには?

歯をきれいにするには、毎日の習慣としては歯磨きが必須です。

歯磨きしていないとプラークが付着したり食渣(食べかす)が挟まったりして良い印象ではありません。歯科医院でも歯のクリーニングを行うことができます。

着色がついていてとれない

コーヒーやお茶・紅茶・タバコなどが原因で歯に着色が付く場合があります。

着色がついてしまうとなかなか歯磨きだけでは落とすことができません。着色除去専用の歯磨き剤を使用したり、歯科医院で着色除去をしてきれいにしましょう。

もともとの歯の色を白くしたいならホワイトニング

年齢とともに歯も変色する場合があります。内側からの変色は着色除去だけではきれいになりません。

ホワイトニングは内側から歯を白くしていくものです。また、本来の歯より白くなるので歯の本来の色が気になっている方にはおススメです。

かぶせ物で歯を白くする

かぶせ物に色がついている場合や、銀歯の場合は新しくかぶせ物をしたり、銀歯の部分を白いものに変えることで解決します。

また、ラミネートベニアという歯のつけ爪のようなものもありますので自分にはどれがあっているのか歯科医師や歯科衛生士に相談しても良いかと思います。

まずできることからやりましょう

白い歯、清潔な歯にするためには、まずはブラッシングをしっかりと行いましょう。

また、虫歯や歯周病などがある場合は口臭などの原因にもなりますので、しっかりと治療するようにしましょう。

噛めない状態はよくないの?~お口の中のトラブルについて~

歯周病や虫歯などで歯を失ってしまった場合、そのままの状態にしているとどのようなことが起こるのでしょうか?

今回は歯を失った時のお口のトラブルについてお話しします。

食事中の女性

歯を失うとうまく噛めない

歯を失ったままの状態にしておくと、うまく噛むことができません。

また、うまく噛めないことで食べ物を丸呑みしてしまい、胃腸への負担が増え、十分に栄養が取れずに体力が落ちてしまう場合があります。

食べることが苦痛になる

うまく噛めないと食事自体がストレスになり、食べることの楽しみがなくなります。

そのため、食欲が落ちてしまい、前述のように体力が落ちたり、痩せてしまったりします。食事は楽しく食べたいですよね。

残っている歯の位置が変わる

歯を失ったままにしていると、残っている隣接の歯が抜けた歯の方に倒れてきたり、嚙合わせる歯がなくて歯が伸びてきたりして歯並びも悪くなってしまいます。

また、体のバランスが悪くなって転んだりすることが増える場合があります。

認知症になりやすくなる

しっかりと咀嚼することで認知症の予防になるということがわかってきました。そのため、噛むことができないと、将来認知症になるリスクがあがってしまいます。歯が全部ない方でも総入れ歯を入れてしっかりと噛むことで、認知症の予防となります。

どのように治療したらいいの?

歯を失った場合は、保険内の治療では入れ歯やブリッジなどの方法があります。

また、自費のものであればインプラントなど治療の幅が広がります。お口の中の状況で今のお口にはどの治療があっているのか診断してもらいましょう。

できるだけご自身の歯を残すのが大事

歯を失う前に、しっかりとご自身の歯を残すように心がけるのが重要です。歯があるのとないのでは、食事のおいしさも違うと言います。

歯は、失ってからでは戻ってきません。一本ぐらいなくなっても大丈夫ではなく、今ある歯をずっと残そうと思うことで、日々の歯磨きの仕方などが変わってくると思います。しっかりと噛めるお口の環境作りが大切です!

これで歯磨きマスター?!~正しい歯磨きを知ろう~

皆さんは歯磨きをするときに、自分の歯磨きの仕方は正しいのかな?と考えたことはありませんか?人によって歯磨きの仕方は様々だと思いますが、今回は正しい歯磨きの仕方について説明します。

正しい歯磨きを知ろう

ゴシゴシとただ磨いただけでは汚れは落ちない?

歯ブラシはただ何も考えずにゴシゴシと磨いただけではプラークなどの汚れをしっかりと落とすことができません。

また、正しい歯磨きを行わないと、歯や歯茎を傷つけてしまう原因にもなります。

歯ブラシの持ち方は正しいですか?

歯ブラシを持つとき皆さんはどのように持っているでしょうか?

グーで握ってゴシゴシ磨いている人も多くいるかと思います。しかしこれはまちがいです。グーで歯ブラシを握ってしまうと、ブラッシング時に無駄な力がかかってしまい、歯や歯茎を傷つけてしまいます。

そのため、歯茎が下がってきたり、歯が削れてしまい知覚過敏の症状が出る方がいます。

歯ブラシは鉛筆もちで持ちましょう

歯や歯茎に無駄な力がかからないようにするには、鉛筆持ち(ペングリップ)でも歯ブラシを持ってもらうとちょうどいい力加減でブラッシングができます。

歯ブラシの毛先が軽くしなる程度の圧で大丈夫です。

強い圧で磨いていた人について、最初は慣れないかもしれませんが、強く磨いたからと言って汚れが落ちるわけではないので、鉛筆もちで磨けるように練習しましよう。

歯ブラシの動かし方は?

歯ブラシは大きくゴシゴシと動かしたのでは、歯の表面だけ磨いてしまって、歯と歯の間や、歯並びが悪く引っ込んでいたりする歯をうまく磨くことができません。

正しい歯ブラシの動かし方は、歯ブラシの毛先が歯と歯の間に入り込むように、一本一本丁寧に細かく磨くことが大切です。

歯磨きはどのくらいの時間行ったらいいの?

歯磨きは1分ぐらいでサッと磨いている方が多いようです。

しかし、すべての歯をしっかりと磨くには、最低3分は必要だと言われています。

みなさんも、自分はどのくらいの時間歯磨きをしているかなど計測してみると良いでしょう。

寝る前歯特にしっかりと歯磨きを!

歯磨きをするタイミングは、毎食後しっかりと磨くのが大切です。それ以外にも一番重要なのが、寝る前の歯磨きです。

寝ている間はお口の中の細菌の活動が活発になります。夜お菓子を食べてそのまま寝てしまったなどという話をよく聞きますが、寝ている間に虫歯菌や歯周病が悪さをしていることを考えるとぞっとしますよね。

わからないことがあれば歯科医院で質問しましょう

わからないことがあれば、お口の専門家である歯科医師や、歯科衛生士に気軽に質問してみてください。

あなたのお口に合った磨き方をお話しできるかと思います。

素敵な笑顔の口元を~ラミネートベニアって知っている?~

みなさんの中には、前歯の色が気になるけどホワイトニングでは適応してないと言われた方や、すきっ歯なのが気になる・・・という方もいるのではないでしょうか。

そのような症例の方には、ラミネートベニアという治療法があります。

今回はラミネートベニアについて詳しくお話ししたいと思います。

女性の口元

ラミネートベニアってどんなものなの?

ラミネートベニアというのは、簡単に説明すると歯につけるつけ爪のようなものです。歯の表面を少し削り、型取りをしてセラミック製のシェルを作成して貼り付けます。

では、メリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

ラミネートベニアで歯を白くすることができる

前歯の色が気になる方で、ホワイトニングをやったけど思い通りの色にならない、ホワイトニングの適応ではないと言われたという方にはお勧めです。

ラミネートベニアはセラミックでできているために、将来変色をしてしまうという心配もありません。

歯の形態を変えることができる

ラミネートベニアで歯の形や大きさを変えることで、すきっ歯や歯の長さが違う、咬耗により歯が短くなってしまったというお悩みが解消されます。また、虫歯の治療も同時に行うことができます。口元が変わることで、印象も格段に変わってきます。

通院期間も短いので通院しやすい

治療の流れは、歯を削り、型取りをして完成品の歯の色を決めます。そしてできてきたラミネートベニアを歯に貼りつけるだけです。

そのため、医院によっても通院回数は変わりますが、だいたい2~3回程度で治療が終わります。

体に優しいセラミック製のシェル

ラミネートベニアはセラミックでできています。

セラミックは、強度がエナメル質に近く、アレルギーを起こしにくいと言われていて体に優しい素材とされています。

歯を削らなければいけない

ラミネートベニアを貼るためにはどうしても歯を少量削らなければなりません。また、ラミネートベニアはとても薄いため力がかかる歯には適応しません。力がかかる歯に貼りつけてしまうと、欠けたり、外れたりする原因となります。そのため、歯ぎしりやくいしばりなどがある方には適用しない場合があります。

保険外の治療となる

ラミネートベニアには保険は適応されません。そのため、保険外の治療となりますので費用がかかります。気になる方は、料金などを確認しておきましょう。

気になる方は一度ご相談を

ラミネートベニアには、メリット・デメリットがありますが、気になる方は一度歯科医院に相談してみて、自分は適用されるのか確認してみましょう。また、ラミネートベニアを取り扱っていない医院もありますので、確認してから来院するようにしましょう。

1 2 3 28 »
PAGETOP