歯で顔の印象がかわる?~きれいな歯で明るい笑顔を~

コロナの影響でマスクが手放せなくなり、あまり口元を気にする人は少なくなったのではないでしょうか。

しかし、マスクを外した時白くてきれいな歯だと清潔感もあり印象も良くなります。

今回はきれいな歯をテーマにお話ししていきます。

マスクの女性

自分では歯をみる機会が少ない

ご自身の歯を見るときってどんなときですか?

鏡を見るときくらいで、意外と歯をみる機会って少ないですよね。しかし、他人は見ていないようで意外と口元を見ている人が多いです。

その時に、汚れた歯が口元から見えたら良い印象にはならないですよね。それくらい歯は重要な役目を持っています。

キレイな歯と汚れた歯の印象の違い

白くてきれいな人の印象は、さわやかで、健康的、清潔感があります。

しかし、歯が汚れている人や黄ばんでいる人の印象は、不健康に見える、不潔そう、口臭がしてきそうなどとマイナスな印象となります。

歯をきれいにするには?

歯をきれいにするには、毎日の習慣としては歯磨きが必須です。

歯磨きしていないとプラークが付着したり食渣(食べかす)が挟まったりして良い印象ではありません。歯科医院でも歯のクリーニングを行うことができます。

着色がついていてとれない

コーヒーやお茶・紅茶・タバコなどが原因で歯に着色が付く場合があります。

着色がついてしまうとなかなか歯磨きだけでは落とすことができません。着色除去専用の歯磨き剤を使用したり、歯科医院で着色除去をしてきれいにしましょう。

もともとの歯の色を白くしたいならホワイトニング

年齢とともに歯も変色する場合があります。内側からの変色は着色除去だけではきれいになりません。

ホワイトニングは内側から歯を白くしていくものです。また、本来の歯より白くなるので歯の本来の色が気になっている方にはおススメです。

かぶせ物で歯を白くする

かぶせ物に色がついている場合や、銀歯の場合は新しくかぶせ物をしたり、銀歯の部分を白いものに変えることで解決します。

また、ラミネートベニアという歯のつけ爪のようなものもありますので自分にはどれがあっているのか歯科医師や歯科衛生士に相談しても良いかと思います。

まずできることからやりましょう

白い歯、清潔な歯にするためには、まずはブラッシングをしっかりと行いましょう。

また、虫歯や歯周病などがある場合は口臭などの原因にもなりますので、しっかりと治療するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。